嫌煙や禁煙している人がネットカフェ利用時にすること

禁煙をしている人やタバコを吸わない嫌煙の人にとって、飲食店に行く場合には、そのお店の喫煙状況と言うのが異なるものです。お店によっては、分煙されていることもありますが、全席喫煙可能と言うスタイルで営業をしているお店も結構あるものです。こういった環境のお店に行った場合には、周りの人が吸っているのを見て、吸いたくなってしまったり、不快な思いをすることもあるでしょう。
お店によっては、時間を決めて禁煙と喫煙に分けられていることもありますから、そういった情報を有効に活用するのも一つの手です。
なお、禁煙している人や嫌煙の人が気になるのは飲食店だけではありません。例えば、ネットカフェのように不特定多数の人が利用をする施設においても、どういった環境になっているのか気になるものです。
なお、これはネットカフェによって異なります。床から天井までの壁で、喫煙席と禁煙席がきちんと仕切られており、喫煙席にはドアを開けて出入りするようになっているネットカフェがありますので、こういったお店であれば、禁煙の人、また嫌煙の人であっても、利用はしやすいと言えるでしょう。
問題は、分煙されていないネットカフェや分煙されていても煙が漏れてくるような造りになっているネットカフェの場合です。
こういったお店の場合には、喫煙席からなるべく遠い席を選んで利用すれば、問題が解決する場合もありますが、店内の動線を見た時に、どうしても喫煙席の近くを通らなければならない造りになっている場合には要注意です。
ちなみに、ネットカフェと言うのは、喫煙席以外でも喫煙可能な場合があります。例えば、ダーツコーナーだと喫煙できる場合があるのです。そして、このコーナーを横切らないとコミックコーナーやドリンクコーナーに行けないレイアウトになっていると、煙を感じてしまうことがありますから、注意が必要です。