禁煙の離脱症状を抑える方法

煙草を吸う人は、しばらく経過すると煙草を吸いたいと言う欲求が高くなり、煙草を一本取り出して火をつけて一服すると言った行為を行う事になります。
煙草を吸いたいと言う欲求はどのようにして起きるのかと言いますと、煙草にはニコチンと言う麻薬と同じような依存度を高める作用が在ります。

ニコチンは煙草を吸う事で体内に取り込まれ、肺などから血流により運ばれて脳に僅か秒で到達すると言います。
脳内にはニコチン受容体が在り、そこにニコチンが結びつくと、神経伝達により快感物質とも言われているドーパミンを分泌させて、煙草を吸った事での満足感を味わうことが出来ます。

禁煙をすることでニコチン受容体に結びつくニコチンが取り入れられなくなるため、ドーパミンも分泌されず煙草への欲求が高くなり、離脱症状とも言えるイライラ感が増す事、集中することが出来なくなる事などの症状が出て来ます。

離脱症状を抑える方法としてガムを噛む、飴を舐める、水を飲むなどの方法も在りますし、禁煙補助剤と呼ばれている医薬品を使う方法も在ります。

禁煙補助剤にはニコチン成分が含まれているものと含まれていない2つの種類に分ける事が出来るのですが、ガムのような禁煙補助剤を使う事で唾液などによりニコチン成分が取り込まれてドーパミンを分泌させる作用が在ります。

また、ニコチンが含まれていない禁煙補助剤は、ニコチンが取り込まれた時と同じようにドーパミンを分泌させる作用が在るため、離脱症状を抑える事が出来ます。

尚、離脱症状は煙草の本数が多い人ほど大きくなるため、水を飲むことで抑えられる人もいれば、禁煙補助剤を使う事で症状お抑えることが出来る人もいるなど、個人差が在ります。

■今度こそ禁煙を成功させましょう!
チャンピックス